2008年06月20日

だめなものはだめなのだ

グリーンピースの「鯨肉入手」が「鯨肉窃盗」となった。
あたりまえだ。

☆「証拠確保が目的」グリーンピース側は違法性否定(2008.6.20 iza)

 幹部が20日、窃盗容疑などで逮捕された環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」はこれまで記者会見などで、鯨肉の無断持ち出し行為について「調査捕鯨船乗組員の横領行為の証拠を確保するためで、窃盗罪にはあたらない」と違法性を否定。「調査捕鯨の正当性も含めて国内の議論を深めたかった」と狙いを説明していた。

 団体が根拠としたのが、窃盗罪の構成要件である「不法領得の意思」。告発の証拠を東京地検に提出しており「他人の物を自己の所有物として利用する意思はなかった」と主張した。

 団体によると、告発後に「犯罪行為だ」との批判が数多く寄せられた。


告発したいのなら、そもそも当初から「犯罪行為」を認め「こういう行動を敢えてとらざるをえないほど、調査捕鯨には疑惑がある」とすればよかったのではないか。そういう覚悟もない甘い考えが通用するほど法治国家たる日本は甘くない。

この問題でテレビの取材等に応じている弁護士も、法律の解釈をいじくりまわしていて見苦しいことこのうえない。

ここまで問題が大きくなると、ニュース等に触れた一般国民が「GPの言うことも一理あるかも」なんて思ってしまう危険性がある。だから国は、国益の観点から調査捕鯨の正当性を国民に示す必要があることも付け加えておく。

posted by じんちゃむ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 国の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

グリーンピース・ジャパンの2人を逮捕!
Excerpt: 環境保護団体(と本人達言っています・・・)『グリーンピース・ジャパン』職員(HP
Weblog: 本質
Tracked: 2008-06-20 22:55

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。