2009年03月02日

それでいいのか?!、朝霞市民(投票率から見る埼玉県)

とまあ、とりあえず昨日市長選のあった朝霞を取り上げるのだが、どちらかと言えば「それでいいのか埼玉」に近い気持ちではある。

以下は1日投開票の自治体首長選挙の速報だが、まずはその投票率をみてほしい。

☆【選挙】朝霞市長に富岡氏再選 鴨川市長には片桐氏初当選

 ◇朝霞市長(埼玉) 現職の富岡勝則氏(54)が元自衛官の田村雄二氏(62)を破り再選。投票率は25・88%。

当20165 富岡勝則 無現       

  3958 田村雄二諸新        

(開票終了) 

 ◇鴨川市長(千葉) 僧侶の片桐有而(ゆうじ)氏(61)が元市議の須田厚氏(49)ら新人2人を破り初当選。投票率は59・36%。

当9493 片桐有而無新         

 7477 須田 厚無新         

  884 宇山 光弘無新        

(開票終了)


☆【選挙】柳井市長に井原氏初当選

 ◇柳井市長(山口) 元衆院議員秘書の井原健太郎氏(34)が元県議の長谷川忠男氏(64)を破り初当選。投票率は73・71%。


当12491 井原健太郎 無新

  9281 長谷川忠男 無新









朝霞の25パーってなによっ、て感じ。

個人的には、4人のうち3人は投票していない朝霞市長選は限りなく無効だと思うわけだ。こんな投票率で当選した富岡氏だって、いい気持ちではあるまい。

しかもだ。朝霞は2005年の前回は、今回よりも3.23ポイント低い22.65%だったらしい。

今回の朝霞は20%台と確かに低投票率だが、例えば今年控えている100万政令市「さいたま」でも前回は30%台

先月行われたばかりの埼玉県唯一の中核市川越も似たようなもの

埼玉で人口第2位の川口だってこれ

ついでに埼玉西武ライオンズの本拠地所沢


ところが、この投票率、上に挙げた東京寄りの地域に比べ北部や秩父方面に行くと軒並み60%以上に跳ね上がるのだからややこしい。

ここに埼玉県が抱える大きな問題が横たわっているのだが、分析しはじめるときりがないので、不定期になると思うが折にふれこの話題を取り上げることにする。

なにしろ今年の埼玉はあちこちで首長選挙があるので面白いよ。

あ、別に朝霞に他意があるわけではないので誤解なきよう(~~);

posted by じんちゃむ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。