2009年07月06日

【埼玉】上田清司知事の「辞めるしかない」答弁

 大塚商会のアルファメール障害の件で熱くなってしまってこの週末に書こうと思っていた件が後回しになってしまい、やや旧聞に属してしまったが、やはり書かねばなるまい。

 埼玉県の上田知事が開会中の県議会で答弁したこれだ。

☆国歌に起立しない教員「辞めるしかない」埼玉・上田知事(2009.7.2 iza)

 埼玉県の上田清司知事は1日、入学式など式典の国歌斉唱の際に起立しない教員について、「日本の国旗や国歌が嫌いだという教員は、辞めるしかないのではないか」と述べた。6月定例県議会で吉田芳朝県議の一般質問に答えた。

 よくぞ言ってくれた上田知事、ってなもんだ。

 埼玉に住んでて、政治家の発言に感動することはそうあるもんじゃないが、これはすごい。議会議事録にばっちり載る形だから、うれしいね。

 ネットの報道では、この上田知事の答弁に関するリアクション、続報は分かりにくいのだが、翌3日付の地元埼玉新聞の社会面にこうある。 
 知事発言「国歌不起立教員は辞めたらいい」
 意見490件、9割賛同


 と、3段見出しを打ち、知事発言に対して寄せられたメールやファクスのうち9割が知事支持だったことを伝えている。その内訳は、2日午後5時現在として、490件のうち「同感」が468件、「反対」もしくは「発言は慎重にすべき」が合わせて22件という報告だ。

 埼玉新聞はバランスを取るためだろうが、同じ紙面に次のようなベタ記事を並列した。

 「発言撤回を」教職員4組合が抗議

 と見出しを打ち、この手の話に脊髄反射のごとくわめき散らす左巻き教員組合の以下のコメントを伝えたものだ。

 「国旗・国歌に対する一つの考えを教職員に強制しかねない」
 「憲法が保障する思想・良心の自由は学校教育においても尊重されなければならない。知事の発言は看過できない」


 記事によれば、発言の撤回を求める声明文と要求書を出したらしい。
 で、その4組合とは、以下だ。

 埼玉県教職員組合(埼教組)
 埼玉県高等学校教職員組合(埼高教)
 埼玉教職員組合(日教組埼玉)
 埼玉高校教職員組合(埼玉高教組)

 いろいろあれな日教組もしっかり並んでます(笑)
 んで、主張の論拠は、2006年に東京地裁で示された「教職員に対する国旗・国歌の強制は違憲」という判決にあるらしい。

 上等だ。

 こういう反発が出ることを当然のように見越し、受けて立とうじゃないか、という気構えを示した上田知事をおいらは応援する。

 日ごろは路線問題などでちまちまといがみ合っているのに、こういうときだけあたかも同士みたいな振りをするのが得意という、舌が何枚あっても足らない連中なので、埼玉県民の皆さんも上の4つの組合の名前をよく覚えておいてください。学校教育と密接なのでひとごとではないです。あなたやあなたの子どもの先生がいるかもしれない。つまり、意外と、あなたの近くにいるということを意識しましょうね。

 えーい、も一回書いとこ。

 埼玉県教職員組合(埼教組)
 埼玉県高等学校教職員組合(埼高教)
 埼玉教職員組合(日教組埼玉)
 埼玉高校教職員組合(埼玉高教組)

 国旗・国歌にしてもルールとして決められているのだから守る義務がある。このことが分からない人たちが、とぐろを巻いて騒ぐのが上の組合の人たち。うんざりするほど堂々巡りする議論をふっかけて、あきらめさせようとする粘着質の人々。

 いったい何が楽しいんだろうか、と気を遣うのもばかばかしい脳内花畑の人を相手にすることほど虚しいことはない。


 もしかすると、相手がそう思うことを狙ってやっているのかと思わせるほどしつこいのが、彼らの特徴だ。そこには、今目の前にある「ルール」は「悪」としか映っていない。

 悲しいことだ。
 自由な言論が保証されているこの国に生きている以上、何を言っても構わないが、それなら自分の力で食い扶持を確保してから言え。

 こんな人を何で税金で養ってやらないといけないのだ。

 だが、おいらは、上に挙げた左巻き組合の人たちのことは、どちらかといえば「哀れだなあ」とも思う。

 年齢的にいっても、おいらと同年代(40代後半〜50代前半あたり)がきっと幹部やっててるんだろうけど、おいらも経験あるけど、もろに戦後「自虐史観」教育受けまくり(=洗脳されまくり)世代だしね。いくら言っても煮ても焼いても、いまさら直りません。

 というか、無理に直そうとすると、自我ががらがらと崩壊して廃人になって、今よりもっと周りに迷惑掛けるだろうから、そんなことしません(そもそも面倒くさいし)。

 ただ、こういうのが自分の娘の近くにいると考えただけで無性に腹が立つので、上田清司知事を応援するだけ。

 必要とあらば、PTAとかJCとか朝○新聞嫌いの退職校長あたり(実は結構たくさんいます)を巻き込んで問題教師をあぶりだして一人ずつ「さいなら」みたいなことを考えてもいい時期だとおいらは思うんだけどねー。


posted by じんちゃむ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。