2009年10月12日

やっちまった浦和レッズ

きのうのサッカー天皇杯2回戦、もうあちこちのニュースで報道されているが、J1の浦和レッズが、地域リーグのアマチュア、松本山雅FC(長野)に0−2で負けちまった。

おいらの地元紙埼玉新聞は、堂々の1面トップだ(苦笑)

091012.jpg もちろん、一般紙なので、ほかのスポーツ新聞のように「赤っ恥」とか、「信藤チームダイレクターをつるし上げ」のような表現はないが、同じ日に浦和レッズレディースがなでしこリーグで優勝したことを淡々と伝えることで、その怒りをにじませている。

 そしてきょう、フクアリのジェフ千葉対HONDA FCは、千葉が3-0で勝ち、これで、J1チームで初戦負けたのは浦和レッズだけという屈辱が確定した。

 皮肉なのは、浦和の信藤チームダイレクターの息子が、松本山雅FCのGKで在籍していることだ。


  


確かにサッカーはこんな番狂わせが起きやすい競技ではある。
技術に長けた中学チームが、高校チームに勝つなんてことはしょっちゅうだし、今年の天皇杯でもあるように、大学チームが上のカテゴリのプロ、ノンプロを食うことも決して驚きではない。

だが。

リーグでは調子悪いとはいえ、仮にもJ1の優勝候補に挙げられるプロがこんな試合をしては駄目だろう。
ACL出場? へそが茶わかす。

一切の言い訳は許されない。
posted by じんちゃむ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。