2010年03月18日

本田圭佑のニュースがきた!

いよいよ、本物のレフティモンスターが覚醒の時を迎えたのかもしれない。

UEFAチャンピオンズリーグでの活躍は特筆に値する。

本田のような、ビッグマウス系というか「有言実行」のアスリートで結果を出し世界で通用したのは、記憶が確かなら、ノルディック複合の荻原健司と水泳の北島康介くらいか。

世界で活躍する最近の日本の若いアスリートたちを見ていると、日本人ってやっぱり捨てたもんじゃない、と勇気づけられているぞ。
惜しくもかなわなかったけど、先月のバンクーバー、フィギュアの浅田真央の「金メダルが欲しい!」と公言して臨んだ姿が美しかった(キム・ヨナもすごいと思うが、バンクーバーで勝ったときに一瞬見せた「どや顔」にちくしょーと思ったもんだ)。そして、浅田を追いかけるべく頑張っている村上佳菜子選手の世界ジュニア優勝もまたうれしい報だった。

バドミントントンの全英OPで準優勝した田児賢一選手の「まだ、力が足りない」というコメントの何と頼もしいことか。(ただし、ブログの内容ははっきり言っていただけない。周りがもっと指導するように)
ちなみに、彼の出身の埼玉栄高校は高校バドミントン界最強らしい。

女子ゴルフの宮里藍の開幕2連勝は、衝撃的ですらあった。世界ランク3位をキープしているというすごさをマスコミはもっと書くべきだ。諸見里しのぶも今年は面白いと思っている。

男子ゴルフの石川遼は今年のメジャーでどう闘うか楽しみだし、海外挑戦した池田勇太も期待だ。

というわけで、この辺の若いアスリートの話はこれからも折に触れフォローしたいと思う。

(もしかすると、ついったーにするかもしれん)








posted by じんちゃむ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。