2011年12月07日

マラソン五輪代表へ名乗りの川内優輝選手

 既にたくさんの報道がなされているのでご存知の方も多いと思うが、埼玉・春日部高校職員でマラソンランナーの川内優輝選手が5日の福岡国際マラソンで日本人トップの3位に食い込み、ロンドン五輪代表への扉を開いた。
 「扉を開いた」と書いたが、五輪出場内定ではない。五輪選考レースはあと2本(来年の東京とびわこ)残っており、そこでの成績も加味されて選考される予定だから。川内本人は「東京マラソン」にも出場することが決まっており、そこで福岡の記録を超えて自らのベスト更新となる2時間7分台を狙うという。


 それにしても痛快ではないか。フルタイム勤務の公務員ゆえ満足な練習が積めないから各地で開催されるレースにどんどん出場することで競技能力を高めようというスタイル。結果として、日本の実業団のなみいるエリートランナーらが1年のうちに東京、福岡と2度もこの男に負けたことは動かしようのない事実。

 普段練習でどんなに距離を踏んでも試合に生かせないエリートと、距離は踏めなくとも試合勘を研ぎ澄まし続け、結果を出した川内選手。

 2月の東京マラソンが楽しみだ。
posted by じんちゃむ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。