2011年12月10日

国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議COP17で日本の立ち位置があらわに

要するに日本は、中国、アメリカになめられているということがあらためて明らかになった茶番ということだろう。

今ここで京都議定書の枠組みを単純延長しとけば、これまで以上にばんばんCO2吐きまくりながら経済成長させて、日本の国力を殺ごうという腹なわけだ。極論すればやつらは日本はカネづるとしか考えてないわけで、東日本大震災で日本がカネに詰まったと見るやこういうあからさまなことを平気でする。
表向きは、「日本は不死身だ」「リスペクトする」みたいに持ち上げといてこれだから始末におえない。

日本は日本で、中国を筆頭に経済のきんたま握られているんで、細野くんとしても強気に出ようにも後ろの方の財界などからぶん殴られるのが痛いほど分かっているので大変です。こんな場面での強力な外交カード(核とかハニートラップとか)をちらつかせる勇気のない日本はやっぱり、きんたまなめられて喜んでいる姿をバックヤードで嘲笑されのがおちで。

まあ、地球温暖化とCO2の因果関係も実は曖昧なまま繰り広げられている外交ショーにはうんざりするのだが、こういうときこそ暴排条例でシノギに困った方々のノウハウを活用してもいいんじゃないか?! とそんなことを思った皆既月食前夜でした。


posted by じんちゃむ at 03:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 国の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。