2011年12月30日

マリノス監督解任で

  J1横浜マリノスが木村和司監督を解任し、後任に樋口靖洋ヘッドコーチを昇格させるという。木村和司といえば、その絶妙のFKと卓越した戦術眼で1980年代の日本サッカーリーグを引っ張ったスターだ。広島出身ということで、サッカー界の達川光男と言われるほど広島弁でのコメントには味がある。樋口靖洋といえば、四中工こと四日市中央工業高校のエースとして活躍したことを懐かしく思い出す。当時の高校サッカー界は埼玉・静岡の時代だったが、四中工のスピード感あふれる試合運びには目を見張ったものだ。

  さて、このような監督人事が行われる理由の一つにJクラブの財政問題が絡むという話があちこちで言われている。詳細は知らないが、木村和司より樋口靖洋の方が年俸を抑えられるというわけだ。

  一方で、来季J2に昇格する町田ゼルビアは、かつてのアルゼンチン代表でエスパルスやマリノス、ヴェルディを指揮したこともあるアルディレスを監督に迎えるという。こちらも詳細は分からないが、それなりの年俸で契約していると思われる。

  クラブごとに種々の事情をはらみながら来季は多くのクラブが新監督の下、戦うことになる。選手の移籍情報も活発になってきた。


  さあ、どんな2012年が待っているのだろう


posted by じんちゃむ at 13:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。