2012年01月01日

天皇杯 FC東京が京都サンガに勝って

  地震でちょいとばかり動揺してしまったが、天皇杯はまあ収まるところに収まったなという結果だ。
  以下、印象に残った選手などを。

  まず2点取った東京のルーカスだが、前がかりの京都DFに助けられた側面もあり、そこを突いたさすがのパフォーマンスだった。
  それにしても東京は石川、羽生の中盤がよく機能していた。シーズンを通じてコンスタントに続けられれば、昨季の柏の再現もあるなと思わせる出来だったのではないか。

  京都は宮吉、久保の若いストライカーの将来に期待を残す活躍が印象的だった。2人は面構えは対照的だが、どちらも飢えている目をしている。
  こういう選手を生かすも殺すも周囲次第なので頑張ってほしい。もちろん、京都としてはどこかに高く売ることも視野に入れてマネジメントすることも重要だ。
  そういえば京都はかつて、遠藤保仁、松井大輔、朴智星(パクチソン)を擁し天皇杯を取ったんだよね。今年も頑張ってほしい。





posted by じんちゃむ at 21:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【サッカー】U-23代表の『守護神』FC東京・権田修一「3人しか使えないOA枠をGKに使われた悔しさはあります」
Excerpt: 1 :すてきな夜空φ ★:2012/06/14(木) 22:03:01.36 ID:???0 日本サッカー協会は14日、3人のOA選手を含めたロンドン五輪の予備登録メンバー35人を発表した。U-23代..
Weblog: 【豆β】芸スポ速報+
Tracked: 2012-06-15 08:09

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。