2012年01月23日

埼玉のB級グルメで



B級ご当地グルメでまちおこし: 成功と失敗の法則

  ご当地グルメとかB級グルメというまちおこしのマーケティングが定着して久しい。

  ここ埼玉でも「第9回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」が昨年11月に開催され、「真っ赤な誘惑北本トマトカレー」が優勝した。

  もともとトマト産地として有名な北本だし決定戦開催地が北本市だったことで地の利もあったと思われるが、マーケティングとしては成功だ。ぜひ、おいらの大好きな松屋のトマトカレーとコラボして埼玉県内の松屋でメニューにしてほしいと思うくらいだ(笑)。
 
  さて、おいらは埼玉に住んで今年で二十数年になるのだが、実はあまりメジャーとは言えないグルメは結構あると思っている。

  その中でもお気に入りが二つあって、ひとつは秩父地方で作られる「しゃくし菜漬け」という素朴な漬物と、もうひとつが東松山が発祥といわれる味噌をつけて食べる「焼き鳥」だ。

 「しゃくし菜漬け」は、ぱっと見チンゲンサイ風のしゃくし菜をあっさり漬け込んだもので、そのままで酒のあてでいっても良し、焼き飯やおにぎりの具に使っても良し。おいらは細かく刻んで卵焼きに投入したり、パスタの具にも使うぞ。
 ちょうど今頃市場に出回っていて手に入りやすいのでぜひ食べてみてほしいのだが、残念ながら全国的にはあまりなじみがないようで、もっと知ってほしいと思っている。

 もうひとつの味噌をつけて食べる焼き鳥だが、これは正確にいうと「焼き豚(トン)」で、豚の頬肉と深谷ネギをはさみで焼く「かしら」を「かしら屋」で食うのがおいらの定番だ。大宮や浦和、赤羽などに店を構えるかしら屋では、席につくと注文しなくても「かしら」が一串出てきて、食べ終わると頼まなくてもまた一串出てくるという高級串揚げ店的すてきなシステムがクール。カウンターやテーブルに備え付けの味噌はつけ放題なのがうれしい、男の一人飲みの最強の味方だ。飲むのはもちろんホッピー。おいらは「黒」が好き。

 まあ、B級グルメもいいが、こういった知る人ぞ知るやつにも注目してやってね。





ホッピーブラック 330 瓶 330ML × 24本
posted by じんちゃむ at 16:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。