2012年02月03日

末は博士が大臣か直紀か



いつでも食べたい!自衛隊ごはん (イカロス・ムック)

  いまどき「末は博士か大臣か」は死語のたぐいだが、おいらがガキのころは散髪屋なんかにこの言葉を普通に使う色黒のいかついおっさんがごろごろいた。自分の散髪はとっくに終わっているのに酒臭い息でたばこふかしながら居座って、やってくる小学生や中学生の坊主をつかまえてはこれを言い続け、日が暮れるころになると同じ町内の立ち飲み屋に移動する。「ひまなおっさん」と思ったものだが、多くが朝暗いうちから肉体労働してた沖仲仕だったので、子どもの学校が終わるころには仕事あがって町に出てきてたんだね。

 怖くて口答えせず愛想笑いしていたことを思い出すのだが、当時のおっさんたちに言わせると「田中角栄はすごい」ということだった。かの沖仲仕たちは港湾のハイテク化とともに仕事を失うも、新幹線建設などの土木現場へと流れていくことになる。これも確かに田中角栄の恩恵といえなくもない。高度成長の最終章が近づいているころの話だ。

  それにしても田中角栄の娘真紀子の旦那が大臣になったばかりに民主党もついに最終章の扉を開けてしまったな。一部で防衛省の背広組も制服組も完全に嫌気がさしてサボタージュモード全開と言われているらしいが、それも仕方ないほどの惨状だ。基本的に真紀子の旦那という看板だけで生きているので大臣など務まるはずもないことは明白。子どもに説明できないのでとっとと退場してくれ。

  もし彼に理念があるとしたら、これだろう。

  「真紀子に迷惑をかけない」





[ケンテックス]Kentex 腕時計 JSDFモデル S455M-01 陸上自衛隊スタンダードモデル メンズ
posted by じんちゃむ at 14:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 国の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。