2012年02月20日

光市母子殺害裁判決着で



罪と罰

  いわゆる「光市母子殺害」事件が犯人の元少年は死刑ということで決着した。

  被害者の夫であり父の本村さんの思いは複雑だろう。かける言葉が思いつかない。

  何より時間がかかり過ぎた。

  若いころの本村さんが「自分が殺す」とテレビカメラの前で言い放った姿と事件当時の首相・小渕さんのコメントががいまだに忘れられない。

  もし彼に何らかの癒やしがあるとすれば、この事件と彼の行動により犯罪被害者の司法における立ち位置が変わるきっかけになったことだろうか。


  弁護団とバトルしていた橋下大阪市長にもぜひコメント出してもらいたい。


posted by じんちゃむ at 19:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。