2012年03月06日

ロンドン五輪男子マラソン代表残り1枠をめぐる妄想が止まらない件で



BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

  直前のエントリで川内優輝のさいたまシティマラソン出場とロンドン五輪男子マラソン代表の残り1枠について書いたのだが、候補に堀端選手を忘れてましたね。

  「残り1枠」が混迷する原因は要するにこの「陸連期待の星」堀端が、びわ湖毎日で惨敗したからというのはいまさら言うまでもないところ。

  聞けば、順調にトレーニングを積み体調も万全で臨んだにもかかわらすの結果だったので、本人はもとより陸連も天を仰ぎ、頭を抱える結果となったわけだ。客観的に見れば、レース序盤の落ち着かないペース配分と川内と同じく給水失敗が響いたということなのだろうが、夏の韓国での世界選手権で7位という実績は消えたわけではない。

  ロンドンの夏がどんな気候かおいらは分からないが、北半球で開催される五輪では夏のレースの実績というのは重い。同じレースで川内に勝っているのだから、ここで訂正。おいらの考える「残り1枠」は、川内>堀端>前田>中本としたい。

  しかし、まあ、横並び感はやっぱりあるねえ。3枠あるから3人選ぶものと思い込んでいるが、ここはあえて代表は藤原新と山本の2人だけとし、1人分浮いた予算をこの2人に集中させた方がいいんじゃないかと妄想してみたりする。

  もし本当にそんなことしたらIOCからペナルティ食らいそうだけど(苦笑)。


posted by じんちゃむ at 15:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。