2008年03月31日

東芝の決断 続報

このネット時代としては、いささかどころか、はるかに旧聞に属するわけだが、東芝の「HD DVD撤退」(東芝は「終息」というような表現をしていたけども)のその後である。

誤解のないように記しておくけども、私は、今回の東芝の決断を高く評価している。

マスコミ的には、BD vs HD DVDの構図で勝ち負けをあおっていたけども、傷の浅いうちに決断した東芝は、この国の大企業としては画期的な決断だった。

だから、次のような問題提起にも、しかるべき対応をするであろう。

☆記録ディスクの供給に課題 「HD DVD」販売終了 '08/3/29
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200803290410.html

東芝の「HD DVD」事業が三月末で終了する。撤退発表から一カ月が過ぎ、機器の販売を続けてきた大手量販店ビックカメラでも在庫はすでに完売したという。大きな混乱もなく機器の販売は終了する見通しだが、録画可能なレコーダーやパソコン用ドライブで使用する記録用光ディスクの供給継続について、メーカーとの協議が終わっておらず、協議が長引けば一時的な供給不足なども懸念される。

 「HD DVD」用の光ディスクは、日立マクセルや三菱化学メディア(東京)、米国系のイメーションのほか、台湾企業などが販売。量販店などで月間数千枚が販売されている。

 各社とも在庫の販売は継続するが、東芝との協議が終了しておらず、方針は決まっていない。

 日立マクセルは二十九日までに国内での生産を終了しており、供給の先行きには不透明感もある。撤退発表直後に「一時的な買いだめもみられた」(ディスクメーカー関係者)こともあり、品薄になる可能性も否定できない。

 再生専用のプレーヤーが中心の欧米と異なり、日本では録画可能なレコーダーが主流。国内ではプレーヤー一万台に対し、レコーダーは二万台強が販売された。さらにデータ書き込みが可能なパソコン用のドライブは引き続き販売されており、光ディスクの安定供給は大きな課題だ。

 東芝の西田厚聡にしだ・あつとし社長は撤退会見で「オンラインでの販売も検討する」との方針を示しているだけに、早急な供給体制確立が求められる。

 映画会社のソフト販売は、ソニーなどが主導するブルーレイ方式に一本化され、今後は「HD DVD」方式の新作映画ソフトは供給されない。

 ただ現在三百作品以上の「HD DVD」ソフトを販売しているインターネット通販大手アマゾンジャパンでは「可能な限り販売は続ける」としており、在庫があればソフトを買うことができる。




ところで、今回の動きに接して思うところがあるわけだ。

今の消費者は、賢い。ハリウッド映画がHD DVDで発売されないから、HD DVD方式のプレーヤーは買わない、というのは、かつての、VHS vs ベータのトラウマを引きずっているだけだと思う。

これから数年のうちに、放送は地デジになって空からふってくるし、ネット経由では今の音楽配信と同様に映像がどんどん流れてくるだろうから、それらをキャッチして保存するのに、HD DVDだのブルーレイだのの区分けはほとんど意味をなさないと思うんだが、どうだろう。

ハリウッド映画を、特典付パッケージで見たければ、ブルーレイの「プレーヤー」を買うだけだ。2〜3年後には、数千円で買えるようになるんじゃないか?

ちょっと話を脱線させる。

そもそも、銀色の円盤の形をした記録メディアでしかないわけで、かつての「アナログなテープ」の時代とは決定的に違う。コンピュータテクノロジが進化し、テラバイトクラスのハードディスクが数万円で入手できるという現在、どんな方式であれ、その円盤はデータのバックアップ用に存在するという意味のほうがはるかに大きい。

だがしかし、それを言ったところでリアルビジネスの世界では説得力を持たないから東芝が決断した、と。

そんなことを考えなら、さあ、明日から4月だ。


人気ブログランキングへ
ラベル:東芝 HDDVD 
posted by じんちゃむ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | IT・ICT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。