2008年04月20日

まったく....

日曜の朝からいや〜な記事を目にしてアタマがクラクラしてる私。

なんですか、これ。「開いた口が塞がらない」とはまさにこのことだ。


☆社保庁の自己都合退職、最多の702人…業務多忙理由に(2008.4.20 YOMIURI ONLINE)

社会保険庁を2007年度に自己都合で退職した職員数は、定員(約1万7000人)の約4%に当たる702人と過去最多となったことが19日明らかになった。

 4年前の5倍に急増しており、社保庁は「年金記録問題などの不祥事対応に追われ、業務が多忙となったことを理由に辞める職員が多い」としている。

 社保庁によると、自己都合による退職者は03年度に139人だったが、年々増え、06年度は391人となった。07年度は、年金記録問題が社会問題化し、社会保険事務所を中心に年金相談などの業務が大幅に増えたこともあり、前年より一気に300人以上増えた。社保庁が10年に「日本年金機構」へ移行する際、数百人がリストラされることも影響しているとみられる。

 自己都合による退職者の半数程度は20、30歳代で、残った職員にしわ寄せが来て仕事が忙しくなり、退職が増える傾向があるという。

(2008年4月20日03時01分 読売新聞)



まず最初にお詫びを申し上げる。

このブログは「がんばる日本人を応援する」という主旨で開設したのだが、たまには主旨を封印して「だめだめな日本人」を怒ることをお許しいただきたい。

では、いきます。


「業務が多忙だから辞める」?! って、どこまで性根が腐っとるんじゃ、オノレらは。

これまで、さんざんぬるい仕事して給料せしめてきたくせに、雲行きが怪しくなったら、さっさと逃げ出すちゅうことだな、あん? 

社保庁よ、まさか、このクソタワケジコチューのジコツゴウ退職に退職一時金まで出してないよな?

だいたいだな、きょうび、仕事の世界では「クレームはありがたいもの」と相場が決まっとるんじゃ。

オノレらの仕事は、365日朝昼晩クレームを受け続け、畳に額をゴリゴリこすりつけるほど謝罪し続け、その身にこびり付いた錆を取り去ることしかないんじゃ、ぼけぇ。

辞めるんだったら、いままでの給料返して年金にまわすぐらいのことしろや、たわけもんが。



以上、お目汚し、たいへん失礼いたしました。<沈丁花>


posted by じんちゃむ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 国の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。