2008年04月22日

MRJの三菱重工 もうひとつの世界戦略〜風力発電〜

国産ジェット旅客機「MRJ」を開発中の三菱重工だが、こんなところでもがんばっているんだね。



☆【すごいぞ日本】ファイルII 重厚長大健闘中(1)逆風に耐え「最強」の評価(2008.4.22 iZa)

海から吹く風を受け、巨大な回転翼が回り始めた。東京湾に臨む三菱重工業横浜製作所金沢工場で昨年8月、運転を開始した「MWT95/2・4」は、陸上に立つ風車としては世界最大・最強である。翼の回転部分(ローター)の直径が95メートル。みなとみらい21の大観覧車(約100メートル)とともに横浜の新名所ともいうべき湾岸景観を形成するこの風車こそが実は、環境の時代を迎えたわが国重厚長大産業の雄、三菱重工技術陣が「自信を持って世界に売り出せる」と胸を張る最新鋭商品でもある。

 風力発電用の風車はローターの直径が大きいほど発電量が増える。だが、あまり大きいと風圧に耐えきれず、翼が折れてしまう。巨大化は常に1・2・3の原則とのにらめっこだ。

 出力はローター径の2乗に比例するが、荷重は3乗になる。例えばローター径を2倍にすると出力は4倍だが、荷重は8倍に跳ね上がる。つまり壊れやすくなるのだ。頑丈な風車は作ろうと思えば作れる。だが、発電量との見合いで、経済的に成り立たなければ、商品化はできない。

 クリーンなエネルギーとして注目される風力発電。風の力で翼を回し、その回転エネルギーを発電機に伝えて電気エネルギーを得る仕組みだが、風が吹くだけで簡単に電気エネルギーが取り出せるわけではない。その中身は技術、ノウハウの結晶といっていい。

 三菱重工の強みは造船、航空機、タービンなどで培った要素技術の蓄積があることだった。その総合力を生かし、昭和55(1980)年から日本で唯一、大型の風力発電機を自力で作り続けてきた。



例によって記事の続きはリンク先をじっくり読んで欲しい。読んでいて気持ちの良い記事だ。

そのまんま「プロジェクトX」の企画書になるかもしれない(笑)

優秀なエンジニア達の執念が生み出す技術革新は、強い日本の屋台骨を支え続けてきたし、これからもそうだろう。

「風車業界のベンツ」はこれからもますます進化すると信ずる。





posted by じんちゃむ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。