2008年05月01日

スカッと爽やか。気持ちいいねえー

もうなんというか、ゴルフ石川遼プロのこういうところが、やれガソリンだチベットだといらつく話題の多いこのごろにあっては、まさに「干天の慈雨」だ。


☆遼クン、中嶋常幸以来パー4でアルバトロス狙う!(20008.5.1 iZa)

10年ぶりの偉業に挑戦! 男子ゴルフ「中日クラウンズ」が、5月日から4日間、愛知・名古屋GC和合C(6514ヤード、パー70)で開催される。30日、プロアマ戦に出場した石川遼(16)=パナソニック=は、98年に中嶋常幸(53)が達成した1番(368ヤード、パー4)での“アルバトロス”に強い意欲をみせた。

 ギャラリーを沸かせてみせる。遼クンが“快挙”への意欲をみせた。

 「可能性は0%ではないと思います。カップには届くホールだし、すべて(風向き、ピン位置)の偶然が重なれば…。ボク以外にもホールインワンが出るかもしれませんし、それがボクだったら最高です」

 舞台は1番(パー4)。第1打をグリーンに乗せるには、リスクを覚悟して左の林越えに挑戦するしかない。それでも、心は決まっている。まずは、1オンさせてのイーグル狙いが目標。そして、その先にある10年ぶりの「偉業」にも気持ちは向いている。

 98年大会。当時43歳の中嶋常幸が、このホールで“アルバトロス”を達成した。パー4のホールインワンは日本ツアー初の快挙で、その後は1度も出ていない。
 その偉業を「知りませんでした」という遼クンだが「(左林越えの)直線距離なら、300ヤードちょっとで届きますね」。ドライバーで会心のショットなら、グリーンに乗せる自信はある。

 98年大会時、グリーンは右サイドに設置されており、1オンに成功する選手も少なくなかった。それが01年に左サイドに移り、1オンに成功する選手は激減した。

 つまり、1オンは難しいホールだが「刻む気はありません」と言う。予選2日間は、尊敬するジャンボ(尾崎将司)と同組。自然とアドレナリンも高まる。

 「コースがボクの挑戦状を受けているような気がします」。これまで『エース』は未経験ながら、16歳は気合十分だ。
(冨士原憲昭)



ジャンボ尾崎と一緒にプレーしたらしいが、早速1番ホールでバーディらしいね。そりゃ「エース」だったらすごいけど、さすがにそれは難しいと思うのだが、夕方、プレーの様子をニュースワイドでちらっと見たら、ショットの切れはジャンボを完全に凌駕していた。








比べられるジャンボだって齢61にしてレギュラーツアーを張っているわけで、16歳ごときに負けられるかとプライドが許さないところだろうが、残念ながら世代交代の最後通牒を突きつけられてしまっているかもしれない。

こっちの記事にある写真では、ジャンボとジャンボのキャディが胸のうちでこんなふうに呟いているのが聞こえてきそうだ。

「うは。マジかよ。こりゃ、かなわねぇな」

ちょっとセンチになってしまうが、ジャンボは凄かったのだ。
というような思い出話はまた別の機会に書いてみようと思う。


posted by じんちゃむ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。