2008年05月01日

10年前といえばラブジェネじゃね

10年前の1998年といえば、、今のネット環境の基礎を作ったWindows98がメジャーリリースするわけだが、直前の夏、仕事で北京に行ったら、あららWin98もう売ってるのね!(RC1だか2のイリーガルコピーね)、と、ある意味感動した年でもある(笑)。

で、その前年の秋から年末にかけて、えらく人気のあったドラマが「ラブジェネ」こと「ラブジェネレーション」である。ちょうど今、CXで再放送しているのでBGVがわりに見ているのだが、


「うわー、キムタクがダサい携帯使ってるー」


と帰宅した中3の娘が驚くわけだ。

そりゃそうだ。

そのころの携帯といえば、今のような「ネット端末」ではなくて、あくまでも「電話」だったのだ、しかも今と違って料金がえらく高かったのだよだからダサく見えるかもしれんけどあれはあれで当時のかっこいい最先端なのだ云々、と娘に言ったところで「はあ?」とか言われるのがオチなので、なにも言わない。

なにしろ、iModeサービス開始は1999年なのだから。




というわけで、「ラブジェネ」のなかでは、あたりまえだが、メールによるコミュニケーションは一切ない。

とはいうものの、今日の再放送は、これまでの紆余曲折を経てキムタクと松たかこが互いに好きだと告白しあい街中でキスする回だったのだが、その告白そのものが、街頭大型ビジョンのテキスト広告でこくり合うという、メールのやり取り風のまことにベタな演出だったわけだ。

デコメールで簡単に、ってわけにはいかなかった時代だからしょうがないが、この「電光文字」で「こくる」というのが、今のメール文化を、無意識のうちに予測してたのかもしれない。

で、ちょっと今だったらこんなシナリオ!というアイデアが浮かんだので忘れないうちに書いとく。

今だったら、告白のためのランディングページを一応SEO対策かけて作って、アドワーズかなんかに1ヶ月2万円くらいチャージして、好きなあの人が検索しそうなキーワードをちまちま設定して、ついでに恋愛系の薀蓄を語るメルマガとか発行しちゃったりして、そいで

「何してんのよ! 早く、わたしをググって!」

なんて心で叫びながらひたすら待つ、というドラマが成り立つかもしれんね。というか、これはコメディーかな。だめか...

ちなみに主演にエドはるみは勘弁してください(笑)


posted by じんちゃむ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ラブジェネ ロケ地
Excerpt: 【送料・代引き手数料無料】A BATHING APE(エイプ) 07AWラブジェネ柄チェックネルJK  茶赤M 商品価格:96,390円レビュー平均:0.0 今も当然人気あるのでしょう..
Weblog: 休息
Tracked: 2008-05-03 03:18

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。