2008年05月02日

強くて美しい

柔道の井上康生がついに引退のときを迎えた。
まずはおつかれさまでしたと声をかけたい。

☆「わが柔道人生に悔いなし」井上康生、正式に引退表明(2008.5.2 iZa)

2000年シドニー五輪柔道の金メダリストで、北京五輪代表を逃した井上康生(29)が2日、所属する東京都港区の綜合警備保障本社で記者会見し、引退を表明した。

 井上は「わが柔道人生に悔いはなしという気持ち。柔道家として、井上康生として皆さんに愛され、友人、家族らに支えられて本当に幸せ者だったと思う」と話した。
 井上は1996年、17歳で全日本選手権に初出場し、シドニーでは100キロ級で金メダルを獲得。01年から全日本選手権を3連覇。世界選手権も1999年からV3で、日本柔道界のエースとして活躍した。04年のアテネ五輪で敗れたことをきっかけに、100キロ超級に転向。05年1月の右胸の大けがからは再起したが苦戦が続き、4月29日の全日本選手権では準々決勝で敗れ、3大会連続五輪出場はならなかった。


井上康生といえば、やはり、8年前のシドニーオリンピックでのオール1本勝ち金メダル獲得が印象深い。
なかでも、決勝戦で繰り出した得意の「内股」は、そのスピードと美しさで、「これこそが柔道」を世界中に強烈に示した一戦として長く歴史に残るだろう。

ポイント狙いのレスリングまがい柔道(タックルを多用するなど)が、ヨーロッパ勢を中心として横行しているなか、切れとスピードの投げ技で「常に一本を狙う」彼の柔道スタイルは爽快ですらあった。

それだけに、その後のアテネオリンピックでの敗退や大怪我など、彼を襲った挫折・不運は、栄光との落差があまりにも大きく、みていて痛々しいものがあった。

しかし、彼は自らの信念を貫き、3度目のオリンピックを目指したわけだ。

そして、4月29日の全日本選手権では、一本を取るべく仕掛けた「内股」を返されて敗北となった。

この敗北のシーンもまた、柔道ファンの記憶に永久に残るだろう。



posted by じんちゃむ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

井上康生選手の引退報道に寄せて
Excerpt: 柔道の大技の一つである内股…一方の足を相手の内股に掛け、大きく払い上げて投げる技である。この内股を得意技とし、2000年のシドニー五輪にて見事柔道男子100キロ級の金メダリストとなった井上康生選手(2..
Weblog: ただいまに生きる
Tracked: 2008-05-02 23:48

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。