2008年06月03日

梅雨入りのどよんとした空気を吹き飛ばせ

右欄のプロフィールに「サッカー好きのおやじ」と書いておきながら、これまでサッカーの話題を書いていないことにいまさらながら気づいた私だが、今日は書く。

日本代表は、久しぶりに90分支配する試合ができたようだ。

☆岡田ジャパン3発快勝! W杯アジア3次予選(2008.6.2 iza)

 サッカーの2010年W杯南アフリカ大会アジア3次予選第3戦で2組の日本は2日、日産スタジアムでオマーンを3−0(前半2−0)で破り、2勝1敗の勝ち点6とした。

 日本は立ち上がりから中盤でボールを支配。前半10分にCKを中沢(横浜M)が頭で押し込み先制すると、22分にも中村(セルティック)のロングパスを闘莉王(浦和)が頭で落としたところを大久保(神戸)が決め早々とペースを握った。後半4分には中村が右足ミドルシュートで3点目を奪い、試合を決めた。


長沼さんが亡くなって喪章をつけての試合だったわけだが、みごとに試合を支配していた。
専門的な話は専門のサイトの解説におまかせするが、無失点で3点取ったのは大きい。
一気に得失点差を稼いだわけで、このクラスになるとその重みが違う。

さて試合だが、中村と遠藤のMFの関係がえらくフィットしているのに驚く。
この軸がしっかりしているから、サイドが自由に動けてチャンスにつながっている。

もはやこの軸は変えられない、と岡ちゃんは思いを新たにしているはずだ。

まだまだ厳しいアウェーの戦いが続くわけだが、希望は間違いなく膨らんでいる。

がんばれ、ニッポン!



posted by じんちゃむ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。